プレゼント企画|売れる広告の教本|新規集客「実例ノウハウ集」をプレゼント

  1. HOME >

プレゼント企画|売れる広告の教本|新規集客「実例ノウハウ集」をプレゼント

これはなに? 何が書いてあるの?

元々私は、広告が大の苦手でした。いつも形だけにこだわって、良いと言われるものの真似ばかりしていましたが、そのチラシでは問い合わせが来ることはありませんでした。

その後、広告とはどういうものかを研究し続けました。すると広告と言うのは「お手紙」だという事に気が付きました。

お手紙を書くには「誰に書くのか?」を知る必要があります。

そういった事前準備をする事で問い合わせをいただけるようになれました。

このレポートはそんな秘密やポイントをまとめた内容になります。

反応さえ取れたら広告費は無駄にはなりません。

もしあなたが広告作成に苦戦されているのであれば、この5つのポイントをあなたの広告作成に活用してもらえたらと思います。

以下の内容が手に入ります

ポイントその1 広告は手紙である事を理解しておく

誰か一人を想定してから広告を考えます。

「こういう事で悩んでいませんか?悩みの解決方法はこうです。

話だけでも聞いてみませんか?」広告にこれを書けば良いのですが、この根幹部分がわかっていないと、反応のあるものは出せません。

ポイントその2 ペルソナを決めておく

聞いたことがある人も多いと思いますが、勘違いされている人も多いのが「ペルソナ」です。ペルソナの話をするとこんな反論が出てきます。

「 一人になんて絞れない 」「いろんな人を呼びたい」そんなペルソナ設定の苦手意識や勘違いを覆します。

ポイントその3 「売り手目線」ではなく「買い手目線」にする

広告の反応において重要なのは「買い手目線」。

広告の「主役」は間違いなくお客さんである「買い手」になります。

「売り手」が満足するものを出していては「買い手」はどんどん興味を無くします。

ポイントその4 「第三者」からの推薦をもらう

最初の一歩を踏み出してもらう為に、自分ではなく「他人の力」を借りるほうが効果アップします。 そのためによく使われるのが〇〇です。

これがあるかないかで大きな差が生まれるといっても過言ではありません。

ポイントその5 「1 広告 1 ペルソナ 1 商品」のルールを守る

チラシや広告を打つ時の「大前提」があります。

それは ・「みんなチラシに興味がない 」「 自分には関係ない」と思っているということ。なので、向こうを向いている人を振り向かせる為にある方法が大切になってきます。

30分でわかる「売れる広告の教本」は通常価格3,300円ですが無料でプレゼントいたします

こちらの電子書籍は3,300円(税込)となりますが今回特別に無料でプレゼントいたします。

太字のテキスト

無料プレゼントを受け取る

※上記ボタンをクリックしてプレゼントをお受け取り下さい

Copyright© パレハ会員シークレットサイト , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.